日焼け止めなしでも焼けない美肌をつくる方法—日光浴しないと死んじゃうよ!

はじめに

日本人は、紫外線を悪者にしすぎて日光を浴びず、圧倒的にビタミンD不足になっていることをご存知ですか?

日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、マスクや手袋をして外に出ると、完全なビタミンD不足になります。

日本人が日本の緯度で太陽をあびるのは、まったく問題がなく、日焼け止めの害の方が大きいと考えられるのに、なぜこんな状況になっているのでしょうか。

また食事からは採れず、日光浴でしか作ることができないビタミンDがどれだけ大事な物質かを知り、日焼け止めなしでも美肌でいられる唯一の方法をご紹介します。

日焼け止めは体に悪い?

最近の研究で、日焼け止めの化学物質は皮膚から吸収され、血液中に流入することがわかっています。

» 参考:日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた:米当局の臨床試験から明らかに

また、日焼け止めを塗った状態で日光に浴びることで逆にシミを作り出しているということも指摘されています。

日焼け止めは、紫外線を吸収し、熱に変える薬剤が入っているので、肌の炎症を引き起こす場合があります。炎症、刺激によってメラニンが生成され、逆にシミやくすみ、肌トラブルの原因になる可能性があるわけです。

それに、みなさんすでに感じていると思いますが、日焼け止めを完全に落とすのには、かなり入念に洗い流さなければいけないので、肌への負担もとても大きいのです。

紫外線は悪?それぞれの国の紫外線量と肌の色

人間は、何十万年も太陽の下で暮らしてきました。そしてその中で、それぞれの地域に合った肌の色、メラニンの生成システムを獲得してきました。

例えば白人は日光に弱く、皮膚がんになりやすいことが知られていますが、イギリスのような年間紫外線量が比較的少ない地域に住んでいれば皮膚がんにはなりません。でもオーストラリアのように赤道に近くもともとアボリジニのような肌が黒い人種が住んでいた場所に、白人が住むようになると、太陽の浴び過ぎになり皮膚がんになってしまいます。

昔、環境破壊でオーストラリアの上空のオゾン層が薄くなったことで紫外線がふりそそぎ、皮膚がんが増えているということが問題にされましたが、もともと住んでいなかった白人が黒人の住む地域に移住したことがもっとも大きな原因ではないでしょうか。

日本では紫外線について、このいろいろな地域で住むようになった「白人」を基準にした情報を参考にしすぎています。「紫外線を浴びるな」「日に浴びすぎると皮膚がんになる」「日光をできるだけ避けて」というのは、世界に移住した白人の考え方だと言えます。

日本人は、日本の緯度で受ける日光に適した肌の色、機能になっています。日本人が、もっと南の国で暮らす場合は、太陽に浴びる時間を気にする必要がありますが、日本で暮らす分には日焼け止めを塗らなくても、1時間や2時間外で活動するのは問題ないのです。

逆にロシアなど北の国で暮らしている黒人は、紫外線不足で病気になる人がいます。つまり、それぞれの肌の色に応じて、必要な日光浴の時間が違うということなのです。少なすぎても多すぎても病気になってしまいます。

日光に浴びないと死んじゃうよ!

では、日光に浴びないとどのようなことが起きるのでしょうか。体内時計が狂う等の問題もありますが、やはり一番大きなデメリットはビタミンD不足です。私たちは紫外線で体内のコレステロールを変化させてビタミンDを作り出しています。

ビタミンDが不足すると、こんな症状がでます。

  1. 骨がもろくなる
  2. 頭が働かなくなる。認知力の低下
  3. 精神機能の低下
  4. その他、免疫力の低下。インスリンの感受性の低下

1.骨がもろくなる
ビタミンDはカルシウムをつくる上でかかせない成分です。

2.頭が働かなくなる。認知力の低下
ビタミンDは、正確にはビタミンではなく、脂溶性のステロイドホルモンです。
ビタミンDの受容体は中枢神経の全体にわたって存在することがわかっていて、脳と脳脊髄液にもあり、神経伝達物質の生成と、神経の成長への刺激に関わる酵素の調整を助けています。

実験ではビタミンDが不足しているグループは認知力低下が60%以上も起きやすかったそうです。(アメリカで行われた6年追跡調査)

認知症、アルツハイマーとも関係が深く、ビタミンD値が高かったグループではアルツハイマー病になるリスクが77%減少したという調査結果もあります。(7年にわたって5000人の女性で実施された調査)

3.精神機能が低下
ビタミンD不足は、抑うつ状態や慢性疲労の一因になると医学文献で指摘されています。気分の向上やストレス管理には脳ホルモンのドーパミン、エピフネリン、ノルエピフネリンの生成が必要です。このホルモン生成に要する酵素の調整を助けるのにたくさんのビタミンDを使うのです。

4.ほかにも、免疫力の低下や、過剰な免疫反応が起こりやすい。インスリンの感受性の低下などが報告されていて、深刻な不調につながります。

食事ではなかなか摂取がむずかしく、サプリメントも補助にしかならないので、もう日光浴するしかありません。

かなりビタミンDが不足している場合は、体にたくさん補充されるまで数ヶ月かかることもあるようですが、ちゃんと日光浴で補給すれば骨の健康から脳の健康まで改善されます!

窓ガラス越しの日光浴はダメ!

窓ガラスで肌に必要な紫外線がほとんどカットされてしまうので、体内時計の調整には有効ですが、ビタミンDは合成されず、有害な光だけを浴びることになります。お気をつけ下さい。

日光浴しても美肌を保つ方法

基本的に日本人が日本で日光に浴びるだけではトラブルが起きないということと、日光浴でしか作れないビタミンDがどれだけ重要な物質かということは分かっていただいたと思います。

でも何も塗らないなんて無理! やっぱりシミやシワが増える気がする! と不安になりますよね。これだけ紫外線は悪だと報道されているんだから当然です。

だからといって、ビタミンDは大事だし、化粧や日焼け止めの化学物質が余計にシミやシワを生み出すのも心配です。

私がいろいろなお医者さんの本や話をきいて考えた、太陽を浴びても美肌を保つ方法はズバリこれです。

1.顔に直射日光を当てない
日光浴は影でもOK。さすがに顔にガンガン紫外線をあびるのは避けたいので、帽子や日傘をさして、影を歩くようにしましょう。

2.炭水化物を控え、脂質とコレステロール、コラーゲンをたっぷり摂る
炭水化物、特にパンやパスタ、シリアルなど小麦を使った食品、糖分(砂糖は炭水化物です)は、内側(腸や脳)の炎症にも、外側(肌)の炎症にも関わるトラブルの原因になります。

意外にも人間が炭水化物からカロリーを摂るようになった歴史は浅く、動物性脂肪(特に魚)や野菜、果物からカロリーを摂る方がずっと効率が良くトラブルが少ないのです。

特に近年は血液ドロドロを防ごうという非科学的なコレステロール批判から、動物性脂肪を少ししか摂らない傾向が強く、脂質とタンパク質の不足から、肌がカサカサの原因にもなっています。

3.汗をかく
皮膚が乾燥してカサカサの状態だとすごく日に焼けやすいので、皮膚の水分や油分、潤いを最大限に保つ必要があります。

そのためには、食事はもちろんですが、しっかり汗をかき汗腺を働かせておくことが必須です。汗をかくことが少ない生活をしていると汗腺が弱って、皮膚の保湿力も減退してしまいます。

4.顔をあまり触らない、洗わない
化粧はしないか、できるだけ最小限にし、洗顔は水だけで朝晩にさっと汚れを落とす程度にすることです。全身ゴシゴシ洗うのをやめて、皮膚に住んでいる自分の常在菌(善玉菌)を育てることをおすすめします。

常在菌は流されやすく悪玉菌に負けやすいですが、できるだけ常在菌を保持することで、汚れがつきにくく、悪臭を防ぎます。(皮肉なことにあまり洗わない方が汚れず、ニオわないのです)→別記事で説明する予定です。

化粧も日焼け止めと同じで、落とす時にかなり洗浄しなければならないので負担が大きく、化学物質が紫外線を受けることでかえってシミやしわの原因になる場合があります。

何も塗らない状態でも、肌がしっとり潤っていれば、日光に浴びてもあまり焼けません。また、しっかり自分の菌が働き、潤いがあれば強いバリアになるので、シミやしわもできにくくなります。

今ある肌トラブル、シミやシワはどうする?

現在シミがある場合や、今後シミができてしまっても、上の項目を長く続けて肌のターンオーバーが正常になれば、だんだん薄くなります。食事と運動で、肌を健康に保ちさえすればシミになりにくく、できたシミも消えていくのです。

でも残念ながらタンパク質が糖化などで変質してできるシワは一度できてしまうと、なかなか元にもどすのは難しいと思います。

まとめ

私は化粧はほとんどしませんが、夏は日焼け止めを塗っていました。肌が敏感で日焼け止めを塗った後、なかなか落ちないしカサカサになって悩んでいましたが、2年程前からまったく塗らなくなって、顔をできるだけお湯や石けんなどで洗わないようにしてから(水だけ洗顔)、あまり焼けなくなりました。

実は2年以上前から髪の毛も湯シャン(シャンプーなし)だけにして、体も石けんでゴシゴシ洗うのはやめました。その影響もあって、肌の調子がかなり良く、カサカサ肌が改善したため、この1年間毎日30分〜1時間散歩しますが、それほど焼けていませんしシワやシミも増えていません。

美肌には食事と運動が一番大事ですが、この「できるだけ洗わない」ということも重要なポイントかと思います。えー、できないよーと言われそうですが、少しでも誰かの参考になればと思います。

まったく化粧をしない、日焼け止めも塗らないというのは難しいでしょうが、できるだけ素肌力を高めて、健康的な美肌を保ちたいですね!

マスコミの報道や化粧品メーカーの宣伝文句に踊らされることなく、たまに体の専門家の話をきいたり読んだり、理論的に考えてみると目先の常識がガラッと変わるかもしれません。

<参考にした著書>
溝口徹医師の著書
デイビッド・パールマター医師の著書
武田邦彦博士のお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です